未分類

毎日食べ過ぎてしまうのを強制的に矯正できる加圧シャツの魅力

食後に「またやってしまった…いや明日は絶対に食べる量は適量にしよう」

そうやって毎日食べ過ぎの毎日を送っていませんか?

食欲は三代欲求の一つで、食事量を制御しようとしても自分自身の意思ではなかなかコントロールできません。

自分はなんて意思の弱い人間なんだ…

そう凹む必要はないんです。

食欲に忠実ということは人間らしいということ、他にストレスが溜まってはけ口が食べる事になりがちです。私も仕事ばかりの日々を過ごしていた当時は食べる事しか楽しみが無く食べまくっていました。

ただ太り続ける自分が怖い、毎日食べすぎてしまい食後に自己嫌悪しているなら加圧シャツをおすすめします。

加圧シャツを着て食事をすればついついやってしまった食べ過ぎを半ば強制的に制御できてしまいます。

自分の意思とは反して「あれ?もう腹一杯だぞ???」といつもより少ない量で満足できるようになります。

こちらの記事では、

  • 毎日食べすぎてしまう一般的な食べ過ぎ解消方法
  • なぜ加圧シャツが毎日の食べ過ぎを予防してくれるか
  • 食べ過ぎ予防におすすめの加圧シャツはなにか

について紹介しています。

ついつい食べすぎてしまうお金を浮かせて、旅行や痩せた後のファッションなど楽しみが増えて行くでしょう。

毎日食べ過ぎてしまう10の原因

毎日わかってはいるのに食べすぎてしまう原因は以下の10に該当します。

空腹と喉の渇きを空腹と混同している

喉の乾きと空腹は同じような渇望感を感じると公衆衛生学士のMara Z. Vitolins氏とWake Forest助教授が唱えています。

まずは水やお茶などの糖質が含まれていないノンカロリーな飲み物で喉を潤してみましょう。

20~30分程待ってみれば本当にお腹が空いているか確認できます。

朝食を抜いている

朝食を抜くと、次の食事に強い反動が強くなり必要以上に食べすぎてしまう事があります。

簡単に食べられるバナナやプロテインなど少しでも朝お腹に入れておくだけで食べ過ぎを予防できます。

テレビやパソコンスマートフォンを見ながら食べている

テレビやパソコン、スマートフォンなどを見て食べると食事を漫然と摂るようになり。食べた感が得られることが少なくなります。

食事の際は食事に集中する方が満足感が得られやすくなります。

食欲コントロールができていない

自分が太る食事量というのはおおよそ判ると思います。それでもついつい食べすぎてしまうのはコントロールできない環境にいるから。

例えば外食をする際も残すという選択も必要です。

一緒にいる人と同じ量を食べてしまう

一緒に食事をする相手が大食いだった場合、その人のペースにつられて同じ量を食べてしまうことがあります。

痩せの大食い、男性と女性など人それぞれ食べる適量は違います。自分が丁度よい量を一緒にいる人と比較せずに食べるようにしましょう。

食器が大きすぎる

器のよって食事量は影響します。Cornell大学の研究員たちは、それをラージ・プレート・ミステイクと呼んでおり、器に余計なスペースがあると、実際に盛った量よりも少なく見えてしまい、必要以上に食べすぎてしまいます。

特に食べ過ぎてしまう、ご飯や麺類などは小さい器で食べるようにすると視覚的な満足感が得られやすくなります。

食べすぎたとき罪の意識を感じてしまうから

ときには食べすぎてしまったという日も人間ですから必ずあります。しかし食べすぎてしまった事に対して過剰に罪の意識を持ってしまうとさらに食べすぎてしまう傾向があります。

食べすぎてしまった日も「まぁ仕方ないよね次は気をつけよう」くらいの気持ちの方が食べ過ぎを減らすことができます。

間食は悪いことだと思い込んでいる

間食は成長期の不足した分のエネルギー補給であり、大人は間食するのは太る原因と思われがちです。しかし間食はちょうど昼食から夕食にかけてのエネルギー切れを予防してくれる重要な要素なのです。

適切な量の間食を摂ることで、夜の食べ過ぎを予防してくれる効果があります。

運動のあとに食べすぎてしまう

運動を行った後は、達成感によって自分のご褒美で食べすぎてしまう傾向があります。

運動後できれば数時間間を開けて本当の空腹を感じ、適切な量の食事を摂るようにしてみましょう。

気持ちを落ち着けるために食べてしまっている

特に糖質を摂ることによってドーパミンという快楽ホルモンが分泌されます。

ストレスを感じると食に走ってしまうのは仕方のないことなのです。

しかしストレス解消は食べる事以外にもウォーキングや掃除、瞑想、筋トレなど様々あります。

食べる以外のストレス解消方法を持つようにしましょう。

毎日食べすぎてしまう一般的な食べ過ぎ解消方法

一般的な毎日食べすぎてしまう人の解消方法を紹介します。

食べたいと思ったら適量食べて20分ほど待つ

消化にかかる時間は約20分です。一度適量を食べてまず20分待ってみましょう。

そうすることによって満腹中枢からの神経司令が一度届くようになり適量で済ませることができます。

食べなくても大丈夫という気持ちを持つ

人間1日2日食べなくても生きることは容易です。食べなかったらどうしようと思うほど人間はそこまで弱くはありません。

毎日同じ時間に同じ量の食事をする必要はないのです。ときには食べないでもいい日もあって良いのです。

ダイエットは週明けからと考えない

物事は今日からがスタートです。嫌な事も先送り先送りしていてはいつまで経っても問題解決には至らない経験をされているのではないでしょうか。

明日からではなく今日から、この気持が明日へとつなぐ架け橋になります。

食べすぎても過度に自分を責めない

ときには食べすぎてしまう日もあります。友人と楽しい食事、悲しい気持ちを鎮めるためにやけ食いをした日。人間だからあって当然です。

そんな食べすぎてしまった日を自分は悪い事をしてしまったと必要以上に責めないこと。

自己嫌悪をすればするほどストレスが溜まり、余計に食べる事に執着してしまいます。

カウンセリングで自分のやりたい事をみつける

第三者に相談し、自分が本当にやりたい事はなんのか、楽しい事というのはなんなのかを知ってみるのも良いでしょう。

食べるだけがストレス解消から新しいストレス解消方法を知ることができます。

食事の計画を立てる

ただ出された食事を漫然と食べるのではなく、1週間単位で自分が必要な量の食事をスケジューリングしてみましょう。

レコーディングダイエットも言いますが、何をどう食べたら満足できるかというのを客観的に知れば、必要以上に食べ過ぎるということも減らすことができます。

適度なおやつを摂る

空腹の時間が長ければ長いほど、その後に食べる食事の量を食べすぎてしまう傾向があります。

特に昼から夜にかけての間、12時頃に食べて夕食が20時頃だとどうしても空腹が勝ってしまいます。

無理して我慢するよりも少量のおやつを食べる事によって極端な空腹を解消することができます。

チーズやナッツ、小さいサイズのチョコレートなど少しだけ血糖値を上げると仕事や勉強の効率もアップします。

飲み物は無糖

糖分の過剰な摂取は血糖値の乱高下を引き起こしやすくなり、極端な空腹を感じさせてしまう原因にも繋がります。

砂糖が含まれた清涼飲料水は飲みやすいのに糖質の量も多く、気づかず太りやすい原因。

コーヒーはブラック、水やお茶を飲むように、どうしても甘い飲み物が飲みたい場合は常飲しないのであれば人工甘味料を含んだ糖質0の飲み物を飲むようにしましょう。

6時間以上の睡眠を取る

睡眠時間の低下は、食欲増進ホルモンであるグレリンを増やし、食欲抑制ホルモンであるレプチンを低下させます。

人間6時間以下の睡眠が続くと心身に影響が出ると言われています。

夜更かしをせず、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。

量さえ守れば食たいものは食べるように

特定のものを我慢する必要はありません。自分が太らない適量であれば何を食べても良いのです。

我慢のしすぎはストレスを生み、余計に食べたいという渇望を増長してしまいます。

なぜ加圧シャツが毎日の食べ過ぎを予防してくれるか

一般的な毎日食べすぎてしまう人の解消方法を書きましたが「それでもついつい食べすぎてしまうんだよね」という人多いのではないでしょうか。

眼の前に出された美味しい食べ物、ついつい大盛り無料と書いていたらオーダーせざるを得ない、残すなんてなんか罪悪感ある。

一般的な解消方法ではなかなかうまくいきません。そこで強制的に食べる量を減らす加圧シャツの出番なのです。

加圧シャツの腹部の圧によって食事量が極端に減る

加圧シャツの強烈な腹部の圧迫効果によって、食事の量を強制的に減らす効果があります。

今までは牛丼大盛りじゃないと満腹感が無かったのが牛丼並盛りでもお腹一杯になるということです。

それけ摂取カロリーを自分の意思ではないのに矯正できるわけですからストレスフリーです。

鋼の意思など必要なく、ただ加圧シャツを着ていれば勝手に食欲抑制してくれるわけですから簡単ではないでしょうか。

加圧シャツを着る事によってアドレナリンが放出され血糖値が安定する

加圧シャツを装着していると、常に筋肉の刺激が伝わります。

その結果、興奮ホルモンであるアドレナリンの分泌が増えてくれます。

アドレナリンは血糖値が下がると脂肪からエネルギーを作るホルモンの一つ。

アドレナリンが多いと極端な空腹を感じる事も少なくなります。

難しい事はありません。ただ加圧シャツを着るだけでそれがなし得ることができるのですから。

毎日の食べすぎてしまうのを抑制してくれるおすすめの加圧シャツはビダンザビースト

食事の量を強制的に減らす方法の一つに加圧シャツを紹介しましたが、加圧シャツならなんでもいいというわけではありません。

様々な加圧シャツが販売されていますが、姿勢矯正に特化したもの、全体的な加圧を目的としたもの、腹筋に特化したものと様々なタイプがあります。

その中で強制的に食事量を減らす「腹筋に特化」したおすすめの加圧シャツを紹介します。

それがビダンザビーストです。

強烈な胸と腹の圧力とカバー力、そして頑丈さと消臭効果を備えた、まさに「太ってきた男が改善した場所をしっかり対策してくれる」かゆいところにやっと手が届いた加圧シャツといっていいでしょう。

腹筋と胸筋に特化し、強力な加圧力そしてテレリンという素材とスパンデックス繊維による快適な着心地を併せ持っている食べすぎてどうにかしたい人にぴったりなアイテムといっていいでしょう。

詳細ページ公式ページ