未分類

イライラせず食べる量を減らす事ができた運命の出会いは加圧シャツでした

アメリカではどうしても痩せられない人は胃袋を小さくする手術で強制的に食べる量を減らすというとんでもないことを行っています。

日本でも昔相撲界で有名だった小錦関も、胃のガストリック・バイパス手術によって強制的に痩せたというニュースも未だに忘れられない思い出です。

ダイエットの成功の一つは運動?いえいえ食べる量を減らす事。ですがこの食べすぎてしまうというのを自制するのって難しいですよね。

私も食べ物があればついついお腹と心が満足するまで食べ続けてしまう性格です。

そんな自制じできない食欲も、イライラせず食べる量を減らす事ができる方法があるのを知っていますか?それが加圧シャツを着る事。

加圧シャツをただ起きている間着ていれば、自然と食べる量を減らす事ができてしまうのです。

毎日ご飯を食べる量が2合以上だったのが半合まで減らすことができました。そんな加圧シャツの効果や一般的な食べる量を減らす方法について紹介します。

食べる量を減らす加圧シャツの食事抑制効果

加圧シャツを下着代わりに装着することによって、上半身全体が繊維の効果によって引き締めてくれる効果があります。

特に、腹部に強烈に加圧効果のある加圧シャツを装着すれば、自然とドローイン状態にしてくれるのが自然と食事を減らすポイント。

この強制腹圧によって、胃を圧迫させ食べる量を自然と減らすことができるのです。

きつめのサラシやコルセットを巻いておけば同じ効果を得られるのでは?

確かに腹部を圧迫させるのであれば、サラシやコルセットを巻いて腹部を圧迫させて食事量を減らすことも可能でしょう。

しかし「面倒」「窮屈すぎる」「継続が難しい」

という問題が出てきます。加圧シャツであれば簡単で、普段の下着を加圧シャツに変えればいいだけという容易さがメリットといって良いでしょう。また、サラシやコルセットよりも圧倒的に着心地が良いというのもポイントです。

加圧シャツを着て生活をすれば食べる量健康的に激減

加圧シャツを普段の下着に置き換えることによって、ご飯のお代わりを絶対していたのが一杯で満足できるようになります。

また外食でも大盛りサービスを受けなくても並盛りで満足できるように自然と満腹感を得られる効果があります。

ご飯一杯の平均的なカロリーは普通盛り(140g) 235kcal。

ご飯のお代わりをやめれば月間7050kcalほど減らすことができます。

脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギー(カロリー)は、9kcal×1000g×80%=約7200kcalですから。約1kgの脂肪分を加圧シャツを着ることによって簡単にセーブできるというわけです。

これは一食だけお代わりをしている例を上げましたが、昼、夜もお代わりをしているのであればその倍は効果があるということですね。

ストレスフリーで食事量を自然に減らすおすすめの加圧シャツ

なるほど!加圧シャツを着ればこんなに簡単に食事の量を減らす事ができるるんだ!じゃあ加圧シャツを買いに行こう!

と思っているのであればちょっとまって下さい。

加圧シャツにもいろいろな種類があり、加圧効果や着心地、体のどこの部分に効果的にアプローチしてくれるのか製品によって違います。

こちらで紹介する加圧シャツは「特に腹部に強力に圧をかけてくれる」加圧シャツを紹介します。

もちろん長時間着続けても痛くならない、変に疲れない着心地の良いか加圧シャツです。

シックスチェンジ

加圧シャツの要であるスパンデックス繊維18%配合に、テレリンというツルツルした素材を使ったシックスチェンジは24時間着用し続けたいと思える製品。

上腹部と腹斜筋にしっかりと加圧されるのに変な疲れが無いので長時間着用できる、真綿に首を締められるかのような効果を期待できる製品です。

詳細ページ公式ページ

ビダンザビースト

上腹部、下腹部、腹斜筋と腹部に対して徹底的に加圧してやろうというコンセプトがビンビンに伝わる加圧シャツです。腹部に特殊縫製をされており、しっかりとした加圧効果が期待できます。

スパンデックス繊維18%テレリン82%と着心地のよい繊維なので、強力な腹圧でも長時間着続けられるのも特徴。

詳細ページ公式ページ

一般的な食べる量を減らす方法

加圧シャツを着ない方法で食べる量を減らす一般的な方法

水を多く飲むようにする、食物繊維が多い野菜から食べる、咀嚼回数の多い食べ物を多く摂る、食事前にプロテインを飲む、器を小さくする、粉末グリーンスムージーを飲むという方法があり具体的な方法を紹介します。

水を多く飲むようにする

水やお茶などのカロリーや糖質が0の飲み物を多く摂取することによって胃に満腹感を与えることができ、食事量を減らすことができます。

  • お水
  • 炭酸水
  • 緑茶
  • 烏龍茶
  • トクホコーラ

食事前にコップ一杯分の水分を摂取してから食べるようにすると食事の量を自然と減らすことができます。

食事は先に血糖値が上がりにくい食物繊維が多い野菜から食べる

食べすぎてしまう=満腹感が得られにくい

これを解消するためにも、野菜から(根菜類はNG)食べるベジファーストを導入しましょう。

先に食物繊維から食べる事によって血糖値の急激な上昇を抑え、糖質から中性脂肪になる量を減らしてくれます。

咀嚼回数の多い食べ物を多く摂る

食物繊維が豊富な食品は咀嚼回数も多くなり、その分噛む回数が増え満腹中枢の刺激が伝わりやすくなります。

キャベツやごぼう、タコやイカなど、ちょっとしたおやつにスルメやせんべい(1枚程度)などがおすすめです。

食事前にプロテインを飲む

いくら食事をしても満足感が得られない場合、一つの可能性としてタンパク質不足が考えられます。

タンパク質は体の筋肉や毛髪、爪、肌などの人間を構成する上で大切な栄養素です。

またタンパク質は各種ホルモンの原材料ともなっており、空腹感や満たされない感じもホルモンバランスの低下によって引き起こされることも少なくありません。

日本の食事においてタンパク質は意識的に摂らないと不足しがちな栄養素。

簡単に摂取するためにもプロテインはおすすめです。不要な糖質もなく水に溶かすだけですぐに飲めるというメリットも。

朝食欲がなくても朝食は摂れないという人も朝一杯のプロテインを飲むだけで食欲が正常になったという効果も期待できます。

器を小さくして視覚的に満足感を得るようにする

食事において必要のない栄養素を摂取している割合は毎回20%あるといわれています。

その一つに、器の余白が多いと少なく感じてしまうという原因があります。

特に丼に一般的な量の一杯分のご飯をよそうと「思った以上に少ない」と感じますよね。

逆に、小さい茶碗にいつもどおりの量のご飯をよそうと「思った以上に多い」と感じます。

食事の量を自然と減らすのであれば今使っている食器を一回り小さくしてみましょう。

粉末タイプのグリーンスムージーで胃に満腹感を与える

粉末のグリーンスムージーは水を飲む以上にお腹を満たしてくれる効果がある飲み物です。

こんにゃく由来のグルコマンナンが胃の中で膨張し満腹感を得やすくしてくれます。

各種ビタミンやミネラル、食物繊維など普段の食事で不足しがちな栄養素も摂取できるのもメリットでしょう。

また粉末タイプなので長期保存できる、水や牛乳で溶かすだけで良いというお手軽さもおすすめです。

食べる量を減らすと1月に運動せずに3kg体重を減らすことができる

一ヶ月毎日お代わりをしている場合、それを辞めてしまえば単純に3kg減らすことができます。

昼、夜必ずご飯のお代わりをしているのであれば235kcal☓2回☓30日=14100kcal

さらに他の食事量も総合して減らすようにすれば月21,000kcalは減ります。さらに加圧シャツを着ることによって基礎代謝を上げればさらにアップ。

3kg程度なら1月で運動せずに減らすことができます。

食べる量を減らすと便秘や下痢になるのは食事の質が変わったから

食べる量を減らすと便秘になったり下痢になったりすることがあります。

これは食事において、便の質が変わったから。

下痢になる場合は食べる量を減らそうとして水分を多く飲むようになったことが原因、便秘になる場合は、カサマシとしての炭水化物量が減り肉類のタンパク質量が増えた事が原因です。

便秘や下痢など便が不調だと体調も優れません。このような便の不調がある場合

  • 納豆
  • ヨーグルト
  • キャベツ
  • 食物繊維由来のサプリ
  • 乳酸菌由来のサプリ

これらを意識して摂取するようにすると腸内環境も安定します。

食べる量を減らすのに体が慣れるのは2週間くらい

体質が変わってくる期間はおおよそ2週間前後です。

はじめの一週間は、いままでの量で満足していたのが減るわけですから渇望感が強く出てしまいイライラや、満たされない気持ちが続きます。

1週間後過ぎてからすこずつその渇望感が減り始め2週間前後で体も心も慣れてきます。

自分の意思だけで食べる量を減らすのは鉄の意思が必要でしょう。

食べる量を減らしたのに痩せないかえって太るのは糖質ありきの食事だから

食べる量を減らしたのに体重が増えた、全然体重に変化がない辛い。さらに食事量を減らさなきゃいけないんだ。

そういった場合は大抵食事において糖質(炭水化物)の割合が多くなっています。

エネルギーとして必要以外の糖質は中性脂肪に変わり、内蔵脂肪や皮下脂肪として蓄えています。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より最低限必要な糖質量は100g程度と言われており、茶碗一杯のご飯に(150g) 55.1gの糖質が含まれています。

ご飯や麺類、パン類に偏った食事だと食事量を減らしてもなかなか痩せないことがあります。

食べる量を簡単に減らすなら加圧シャツが断然楽

ただ着ていれば、自分の意思が弱くても勝手に締め付けの圧迫感によって食べる量を減らすことができる。

強烈な鉄の意思も必要無く、なんとなく着ていれば痩せることができたという体感を得られます。

ただ加圧シャツを毎日着続ければいいだけ。

一般的なやり方では日々の生活を意識したり、自制する強い意思を持ち続けるのは辛いじゃないですか。

いつもの下着を加圧シャツにすれば、自分の意思が弱くて駄目だと凹む必要なくなり、自動的にダイエットに繋がります。