金剛筋シャツ

金剛筋シャツのデメリットをまとめたら多すぎで苦笑いしました

金剛筋シャツデメリット

金剛筋シャツを含み私は様々な加圧シャツを購入しています。

その中で感じた金剛筋シャツのデメリットについて多く知ることができました。

このデメリットであれば「買うに値する」と感じたのであれば購入するというやり方でも遅くはありません。

金剛筋シャツ公式サイトへ

金剛筋シャツの機能面でのデメリット

実際金剛筋シャツを着用ないとわからないデメリットについて紹介します。

丈が短い

ただでさえ小さいサイズなのに丈が若干短くなっています。

金剛筋シャツ サイズ比較

比較対象はヒロミプロデュース! パンプマッスルビルダーTシャツ(左)です。

金剛筋シャツと比較すると同じMサイズなのに大きさが違いますね。

特に違いがあるのは丈の長さです。だいたい5cmほど差がありました。

金剛筋シャツの丈の短さが若干ネックです。

お腹が出ている人の場合サイズを誤ると

  • 腹の部分がめくれやすくなる
  • 腹までカバーできず下腹部を露出してしまう

という結果になるでしょう。

薄いので金剛筋シャツ一枚でいるのは変態すぎる

金剛筋シャツはとても伸縮性のある生地でできています。

「Tシャツ一枚でも加圧の効果によってスマートなボディに」と言ってますが

いやいやいやちょっと待ってください。

このようにちょっと伸ばすと後ろがスケスケに。

結構明るい場所にいると乳首がモロに透けて、肌色がうっすらと見えるんですよね。

新宿2丁目に喜ばれるメッシュタイプの衣類といったところでしょうか。

金剛筋シャツ1枚だけ着て外に出るのは上半身裸でいるよりも恥ずかしいでしょう。

乳首はモロに透けて見えるのでジムで金剛金シャツ一枚でいるとやべぇヤツ扱い間違いありません。

ちょっとしたひっかき傷で全損の可能性

金剛筋シャツ初めて触った感想として「うぉ!すっげぇ小さい、すっごい伸びる」

ちょっと厚手のパンストといった感じでしょうか。

薄くてよく延びる繊維ですからちょっとした傷。例えば

  • 脱ぐときに爪によって繊維を切ってしまう
  • アウターの金属や衣類同士の摩擦
  • 脱ぐ際に特定部分を引っ張りすぎてしまう
  • 寝ているときに無意識に強くかいてしまって破れる
  • 洗濯機は絶対に使用しちゃだめ

という損傷のリスクは割と高いなぁと感じました。

金剛筋シャツはほぼ毎日着るためのトレーニング衣類ですから、損傷の可能性は高いのは間違いありません。

小さいので脱ぎにくい

金剛筋シャツはよく伸びるのですが、「これは脱ぎにくい!」と感じました。

特に夏場で汗びっしょりかいている状態で脱ぐと、衣類と皮膚が一体化した状態で、脱ぐというよりも剥がすといった表現がいいほど。

しかも、上で書いたとおり割と繊細な作りですから脱ぐのは大変です。

  • 体をまず冷房で冷やして汗を抑える
  • 腹までシャツを捲り上げる
  • 片腕を抜く

というようにすれば比較的容易に脱げました。

こちらに金剛筋シャツの着方脱ぎ方についてまとめてます。

普通のシャツと比べて脱ぐのに手間や、注意が必要です。

肩が上がらない年代になると、脱ぐのがめちゃくちゃしんどい、微妙な位置に引っかかって脱げもできず着直すこともできず腹踊り状態になることもあるでしょう。

脇の部分の縫製が弱め

こちらが金剛筋シャツの脇部分の縫製している箇所になります。

金剛筋シャツ 脇

ちょうど中心部ですが、脱ぐときにひっかかりやすいんですね。

指や爪がぐっと入ってだんだん糸がほつれるんじゃないか…という怖さはあります。

金剛筋シャツ着用時のデメリット

金剛筋シャツを着続けている現れるデメリットについて紹介します。

常に感じる圧迫感が不快

メリットでもありデメリットでもあるんですが、なれないと圧迫感には違和感や不快感が強く感じることがあります。

「きついとかじゃなくて、全体的に圧迫される感じ…」

というのでしょうか、なれない刺激というのは不快なのは終始感じました。

他の加圧シャツと比較しても得られる圧の強さは非常に高いのは魅力でもありますが。

何もしなくても汗が滲む

あまり汗をかきたくない性格なので、常に汗を滲む状態というのはちょっと嫌だなぁと思いました。

それだけ何もしなくてもトレーニングしているという証拠でしょう。

数時間も着用していたら汗でべっとりになります。

一日中着用して外出など動く機会があったら塩吹いてました。

息が上がりやすい

金剛筋シャツを着て、パソコンをいじっている特に運動らしいことは一切していません。

それでもハァハァとちょっと長めの坂道を登っている状態のような息の上がり方がずっと続きます。

仕事には支障はない程度ですが、疲労感は半端ないです。

金剛筋シャツを着て寝ることはできない

  • 暑い
  • 圧迫感が強い
  • 汗がすごい
  • 疲れやすい

という状態で睡眠を取るというのは私にはできませんでした。

刺激が強すぎで興奮して眠れないんです。

頑張って寝てみましたが

  • すぐに起きてしまう
  • 寝汗がすごい
  • 夢見が悪い
  • 寝起きがとても不快
  • 寝た気がしない

という状態。

睡眠中まで鍛えるというのはコストパフォーマンス的にはいいかもしれません。

しかし睡眠はそもそも体をリラックスし疲れを取る行為ですから睡眠にまでトレーニングを持ち込むのはどうかなぁと思ったわけです。

私の場合は金剛筋シャツは寝るときの着用はやめました。

暑くて仕方ない

金剛筋シャツを着た瞬間から、体の奥が暑くなる感覚を得るでしょう。

「うわ!なんか暑い」

シャツ一枚でさえアチアチなんですが、これにYシャツ着て、スーツも着てとなると相当暑くなます。

夏場なんで体は汗でびっしょりになってしまいます。

2018年の夏は特に暑かったじゃないですか、圧の不快感と暑の体力をジリジリへらす効果。

自律神経がヘトヘトになります。

疲れやすくなり脱ぐと夜すぐ眠くなる

朝から夜まで金剛筋シャツを着ていると脱いだ途端にすごい疲労感が襲ってきます。

夜ちょっとした時間で動画みたりスマホいじったりしているのですが、

「眠い…それどころじゃない…」

と速攻で眠気が襲ってきてしまいます。

それだけ圧によるトレーニング効果があるのでしょう。

金剛筋シャツ金銭面によるデメリット

金剛筋シャツは1枚で購入した場合は送料込みで5,000円以上かかる高額な製品です。

金剛筋シャツ公式サイトへ

高額

初めて金剛筋シャツを購入したときは1枚単体でした。

一着送料や消費税込みで5,336円

普通にちょっといいTシャツ買えますね。

送料が何気にでかいです。

定期的に買い換える必要がある

加圧シャツはずっと同じ圧が1ヶ月後、2ヶ月続くかというとそんなことはありません。

「圧に慣れてきてもしかして俺鍛えられた!?」

と思ってみたら、実は加圧シャツの圧効果が落ちていたなんてオチもよくあるみたいです。

金剛筋シャツは素晴らしい出来だとは思いますが、一日の大半を着用しているわけですからそれだけ劣化も早くなります。

加圧シャツで鍛えるのですから、定期的に買い替えは必要でしょう。

2枚以上買い揃えなくてはいけない

毎日同じ加圧シャツでローテーションするのはすぐに駄目にしてしまいます。

同じスーツや靴も毎日履き続けるとすぐに痛むのをご存知でしょう。同じパンツばかりはいていたらすぐヨレヨレになる経験はされたかと思います。

「布は定期的に休ませなくちゃいけない」

とよく言われるように、最低でも金剛筋シャツを着たら洗って干して一日置くようにすべきです。

つまりは着ている、休ませている、次の日のストックと3着は持っておいた方がいいということ。

幸いなことに金剛筋シャツはまとめ買いするほどお得になるので、利用すべきサービスです。

結果的にコスパは一番良くなりますよ。

金剛筋シャツデメリットまとめ

このように、金剛筋シャツも一見素晴らしい製品とおもいきや、デメリットも多いわけです。

特に私が気になったデメリットに関しては

  • 薄くて破れやすい性質を持っている
  • 脱ぎにくい
  • 丈が短い

というところでしょうか、値段はいろいろな加圧シャツを着比べてみたのですが、確かに「金剛筋」と言われるくらいの圧効果があるのは間違いありません。

もし、使い方が雑、お腹が出すぎている、加圧シャツを着て運動したいという人は金剛筋シャツはおすすめできません。

ただし、日常的に圧を感じて基礎代謝をアップさせたい!そんな人には本当におすすめできる加圧シャツです。

金剛筋シャツ公式サイトへ